未分類

2017年から取り組んでいる、1日1改善活動も4年目を迎えました。最初は、毎日、改善に取り組むことに慣れていなくて、ネタを探すことや、時間の取り方に苦労しました。そうしながらも取組み続けて、今では、1日1改善は、共栄産業の”あたりまえ”になっています。そして、昨日、2020年上半期の改善大賞が決定し、表彰式が執り行われました。受賞されたみなさま、おめでとうございました!

改善大賞 扉グループ 山中さん、上田さん、岡本さん ”刃物置き場の見える化”

          

優秀賞 機械場グループ 田村さん ”作業手順書の標準化” 
優秀賞 前準備グループ 伊勢さん  ”不適合削減のための数字管理の簡素化,見える化”
優秀賞 事務所グループ 松木平さん ”品質向上のための作業改善” 
特別賞 ”ピッキング台車 積み方改善”と社長賞 ”作業効率のよいレイアウト変更”
 ダブル受賞 橿原事業所から代表して 尾崎さん

受賞された皆さんの改善をお手本に、これからも、創意工夫、情熱、思いやりを胸に、改善活動にとりくみたいと思います。